仙台市若林区大和町の歯科医院、カネカ歯科医院です。

仙台市若林区大和町の歯科医院、カネカ歯科医院です。

義歯(入れ歯)

義歯(入れ歯)治療とは

義歯(入れ歯)治療とは
義歯(入れ歯)に対して、あなたはどのようなイメージをお持ちでしょうか。老化の象徴、と捉えてしまってはいないでしょうか。
歯の健康は、私たちが思っている以上に、日常の生活に密接に結びつき、その生活の質を大きく左右します。
入れ歯の治療を行うことで、噛み合わせがよくなり、しっかりと咀嚼をできるようになった結果、口の運動につながり、おしゃべりもできて生活に活気が出たという例は少なくないのです。
特に噛み合わせについては、食べる楽しみが増えるだけでなく、認知症治療にも好影響があると言われています。
料金はそれなりにかかってしまいますが、それ以上に、使う方やその家族の方の健康と幸せに貢献してくれると言えるでしょう。

総入れ歯と部分入れ歯

総入れ歯 (総義歯)

総入れ歯 (総義歯)
大部分の歯が失われた場合に用いるタイプです。総入れ歯は吸盤のように口の中で密着します。
「総入れ歯には違和感がある」というイメージをお持ちの方もいますが、現在の総入れ歯は大変精巧になっていて違和感なく噛むことでき、食事も問題なく楽しむことが出来ます。

部分入れ歯 (部分義歯)

部分入れ歯 (部分義歯)
失われた歯の周囲に支えとなる歯がない場合や、ブリッジ治療を避けたい場合に用います。
上下ともに健康な歯が一本でも残っていることが条件となります。
取り外し式の部分入れ歯を歯肉の上に直接置き、周囲の歯にクラスプ(金属のバネ)で固定して噛めるようにします。

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

保険の入れ歯

最大のメリットは治療費用が安いことです。
基本的にすべてプラスチックのため分厚くなり、快適さが損なわれたり口の中で熱が伝わりにくくなりますが、噛むという入れ歯の基本的な機能は望めます。

自費の入れ歯

機能・審美性共に優れ、豊富な素材の中から患者さんに合った義歯を選択することができます。
型の取り方や材料も保険とは違います。
費用がかかることが難点ですが、それだけに装着感や見た目は入れ歯と思えないほど自然です。

噛むことと認知症の関係

噛むことと認知症の関係
咀嚼(口の中で食べ物をよくかみ砕き、味わうこと)は脳を刺激するため、認知症との関連性があるのではないかと考えられています。
そして、認知症が進んでいる高齢者は、合っていない義歯を使用していたり、流動食に頼っている場合が多いようです。
実際、義歯の噛み合わせを直し、きちんと噛んで食事をする習慣が戻ったところ、認知症の症状が改善したという報告は少なくありません。
しっかり噛むためには自分自身の歯を残すことが理想ですが、次善策として義歯をしっかりと調節することも大切です。

義歯(入れ歯)の種類


保険診療の入れ歯自費診療の入れ歯
レジン床義歯
レジン床義歯



レジン床義歯はレジンと呼ばれるプラスチックでできた一般的な入れ歯のことをいいます。
保険適応のため、できることなら費用は安く抑えたいと考えている方におすすめです。

金属床義歯
金属床義歯
金属床義歯とは、主要部分が金属で作られた入れ歯を指します。
メリットとしては、プラスチックの物よりも強度が高いため薄く作る事ができ、装着時の違和感が少なく、舌の動きを邪魔しないので話しにくくなる事もありません。
また、食事の際温かい物を食べると温度を感じ美味しく食べられるという特徴があります。
デメリットとしては、保険適応のものに比べてかかる費用が高額になるという事です。

保険診療の入れ歯自費診療の入れ歯
クラスプ義歯
クラスプ義歯
バネがある部分入れ歯のことをクラスプ義歯といいます。バネ以外の部分はプラスチックでできており、失った歯や残った歯の形に合わせて、患者様ごとにオーダーメイドで作製することができます。

バネがあることで固定され、入れ歯が沈み込みしにくく噛んだときに安定感があります。バネは使っているうちにゆるんでしまうので、定期的に健診を受けて締めてもらうことで、外れにくくなります。
ノンクラスプ義歯
ノンクラスプ義歯
通常の部分入れ歯は金属製のバネ状の止め具で保持しています。
ノンクラスプ義歯はプラスチック製の義歯床(人工歯の土台で見た目は歯茎)を使用しバネがないため、審美的にも大変優れており、口元に自信が持てるようになります。

素材の違い
保険の義歯は、プラスチックと金属で構成されているため、基本的に硬いので当たると痛みがあり、調整が必要となります。
自費診療の義歯では金属床、ノンクラスプ義歯ともに、義歯が当たって痛くて噛めない方には義歯の裏側に柔らかい材料を貼ることもでき、使用時の痛みをなくせます。